「ファンベース」。この言葉を聞いたことはありますか?

一言でいうと、「ファンのみなさんを大切にし、ファンのみなさんと共に、中長期的に企業価値を高める考え方」のことで、近年、この「ファンベース」の考え方を取り入れる企業が増えてきているんです。

実は、関西電力でも、2021年度から「かんでんファンベースプロジェクト」を立ち上げ、その活動を開始したばかり!

なぜ、関西電力が、“ファンのみなさんと共に歩みたい”という決意を新たにしたのか?

ファンベースプロジェクトの立ち上げメンバーの1人でもあるWITH YOU編集部のももぱんから、今年2月に初開催した「かんでんファンミーティング」の様子や、今後の展望と共に、ご紹介します!

画像: ももぱん

ももぱん

すすめ、かんでんファンベース!

“ファンベース”ってなに?
愛してくれる”ファン”と一緒に成長する

「ファンベース」とは、ファンのみなさんの目線で施策を考え、もっと喜んでもらう、好きになってもらうことで、お客さまと企業が一緒に成長してくことを目指すという、株式会社ファンベースカンパニー会長の佐藤尚之さんが提唱した考え方です。

ここでいう「ファン」とは、いわゆる商品やサービスなどの“機能”だけに惹かれている人ではなく、企業が大切にしている“価値”を支持してくれる人たちのことです。
企業が大切にしている“価値”とは、理念やミッションなどの、目には見えにくいものを指します。

さらに、“現在の価値”の延長線上にある“良い未来の価値”に強く期待をしているファンのみなさんとともに変化、成長し、“未来の価値”を創出していくことが、「ファンベース」の真髄だといえます。

言わずと知れたプロ野球チームの読売巨人軍さんや、ロングセラー食品メーカーのカゴメ株式会社さん、そして株式会社オプテージさんが提供する格安スマホサービスのmineoなど、業種を問わずこの「ファンベース」の考えに共感し、取組みを実践している企業が近年増えてきているんです。

参考:『ファンベースなひとたち』(共著:佐藤尚之、津田匡保)

関西電力と“ファンベース”の出会い
「かんでんファンベースプロジェクト」の発足

ではなぜ、関西電力が「ファンベース」の考えに共感し、“ファンのみなさんと共に歩みたい”という決意を新たにしたのでしょうか?

日本では、人口急減や超高齢化といった消費環境の大きな変化に加え、新型コロナウイルスの流行や相次ぐ自然災害の発生などで「先が見えない時代」となってきています。

そんな時代の中で、お客さまが企業を選ぶ際に大切にする“価値”が、商品やサービスなどの“機能的価値“から、企業の理念や考え方である”情緒的価値“にシフトしてきているという現状があります。

そのような中で、私たちは「ファンベース」という考えに出会い、共感したのです!

関西電力が“お客さまに安全で安定した商品やサービスをご提供する”ことはこれからも変わりません。
しかしこれまで以上に、お客さまとのコミュニケーションを大切にし、納得や共感をしていただきながら、共に成長していくことで、もっと良い未来を創っていきたいと考え、「ファンベース」の取組みを実施していくことになりました。

こうして、2021年6月、関西電力のソリューション本部と広報室を中心とした11名のメンバーで構成される「かんでんファンベースプロジェクト」が発足し、活動を開始しました。

画像: かんでんファンベースプロジェクトのメンバー

かんでんファンベースプロジェクトのメンバー

ついに踏み出した第一歩
「かんでんファンミーティング」をレポート!

「ファンベース」の取組みの第一歩として、2022年2月に、「かんでんファンミーティング」をオンラインで開催し、2日間で20代~70代の14名のファンのみなさんにご参加いただきました。

プロジェクトチームメンバー一同、ワクワク・ドキドキの中、オープニングムービーを上映し、ファンミーティングがスタート!
関西電力本店のオフィス見学ツアーやクイズ大会、グループトークなど、コンテンツ盛りだくさんの2時間でお届けしました。

画像1: ファンと共に歩み、未来を創りたい!“かんでんファンベース”の決意と挑戦

グループトークでは、「かんでんの好きなところ」「かんでんをもっと好きになるには」という2つのテーマで、スタッフも含めて熱いトークが繰り広げられました。
ファンのみなさんの“かんでん愛”を、ぜひご覧ください!

画像2: ファンと共に歩み、未来を創りたい!“かんでんファンベース”の決意と挑戦

最後に、「あなたにとって『関西電力とは○○○ 』」を考えていただき、全員で集合写真を撮影してファンミーティングが終了しました。

画像3: ファンと共に歩み、未来を創りたい!“かんでんファンベース”の決意と挑戦

関西電力として初めての「ファンミーティング」は、ファンのみなさんにたくさんの愛を語っていただき、プロジェクトチームメンバー一同、とても嬉しく胸が熱くなりました。

また、関西電力をもっと好きになるためのアイデアもたくさんいただいたので、この大切なお声を今後の事業運営に活かしていきたいと、決意を新たにしました!

―ファンと共に歩む―決意を新たに。

関西電力の「ファンベース」は、動きだしたばかり、まだまだひよっこです。
しかし「かんでんファンミーティング」を開催して、“ファンのみなさんと共に歩んでいきたい”という想いを、私自身、改めて強く感じることができました。

正直に言うと、ファンミーティングを募集する時は、「かんでんのファンっているのかな?応募がゼロだったらどうしよう」と、とても不安だったんです(笑)。
でも実際に募集してみると、たくさんの応募があり、自由記述のメッセージからもファンのみなさんの“かんでん愛”が伝わってきました。

そして迎えたファンミーティング当日。実際にお顔を見て、かんでんの好きなところや、もっと好きになるためのアイデアをたくさんお話いただき、みなさんの“かんでん愛”を全身に感じることができました! 本当に嬉しく楽しい時間であるとともに、改めて身が引き締まる想いになりました。

今後どんな形になるかはプロジェクトメンバーで検討中ですが、今年度、ファンのみなさんと交流できる機会をたくさん創っていきたいと思います!

これからも、まずは私たち自身がファンのみなさんとの交流を楽しみながら、元気に前向きに「ファンベース」に取り組んでいきたいです!

RECOMMEND この記事を読んだ
人におすすめ

This article is a sponsored article by
''.